話題のAirbnb、早速海外旅行で利用してみた

最近はいろいろなクラウドサービスが登場していますね。ストレージや動画共有サイトは当たり前で、仕事をクラウド上で依頼するサービスまで出てきています。そんな中で私が「この手があったか!」と驚いたのが、Airbnbという宿泊サービスです。
宿泊というと旅館やホテルが当たり前ですが、従来の宿泊施設の予約サイトはだいぶ前から存在しています。Airbnbが一味違うのは、なんと一般人の家に泊まれてしまうということです。とはいってももちろん、某旅番組のように「すみません、ちょっとお宅に泊めてもらえませんか?」といってただの民家に泊めてもらうわけではありません。宿泊施設としての機能を備えた住宅といった趣きで、日本でいうところの民宿のような感じでしょうか?
と、前置きが長くなりましたが、そんなAirbnbを海外旅行で早速利用してみましたので体験談を書いておきます。まずはサイトでアカウントを作ってログインし、泊まりたい地域を選んで建物の一覧を表示します。今回私が泊まろうとしたのは、マレーシアのクアラルンプールです。写真と説明文がついていますので、気に入った建物を選んでクレジットカード決済します。あとは現地に行って実際に宿泊するだけですね。
昼過ぎに現地の空港に着いて、有名な観光地をぶらぶらしてから、夕方にタクシーで予約した建物に向かいました。マレーシアは英語が通じやすいですから、言葉の面で不自由することはありません。運転手に住所を告げると、10分ほどで無事に到着しました。
私がやってきたのは、アパートとユースホテステルの中間に位置するような雰囲気の建物でした。家主の中年女性に「Airbnbで予約した者です」と言うと、部屋まで案内してもらい、鍵を受け取りました。「部屋ではWi-Fiが使えますし、近所にコンビニがありますよ」と説明されたあとで別れ、一人で部屋に残りました。わりときれいな部屋で、ほぼすべてがセルフサービスなことを除けば、ホテルと大して変わりません。
今回は個室に泊まったので特に出会いもなく宿泊を終えましたが、部屋の快適さはホテルと同じくらいで、料金はずっと安いとなれば、もう言うことないんじゃないでしょうか。Airbnb、皆さんにもおすすめです。

SNSでもご購読できます。