airbnbって何?

利回りのパーセンテージが非常に高いAirbnb

Airbnbは、もちろん不動産物件になります。一戸建てを旅行者の方々などに貸し出す物件になるのですが、それはしばしば投資目的の為に活用されているのです。
例えば現在、一戸建ての持ち家があるとしましょう。その住宅に自分が居住するのも一法なのですが、人によってはそれを投資の為に活用したいと思っている事があるのですね。
例えば誰かがAirbnbに宿泊してくれた場合、もちろんその物件の保有者に対して、お金が入ってくる事になります。目的はそのお金ですね。
現在では金融機関の利息なども、かなり低い水準になってしまっています。それではなかなか貯金額を増やすことができないので、上記のような投資に興味を持っている方々も少なくないのです。
ところで上記の一戸建て物件を用いる投資の場合、利回りの高さに特徴があります。当然ですが、利回りは高い方が良いですね。
不動産の物件を用いるとなると、平均的な利回りは4%位だと言われています。もちろん物件によっては、もう少し利回りが低くなっている事もあるのです。つまり物件次第ですね。
ところが上記のAirbnbの場合は、そのパーセンテージが非常に高くなる傾向があります。以前にその物件を用いて、資産運用をした方がいらっしゃるのですが、1年間のパーセンテージは80を超えていたのだそうです。アパート物件などを用いての投資に比べれば、遥かに数字が高めになっている事だけは確実でしょう。そのパーセンテージに魅力を感じて、投資を検討している方々も最近は増えてきています。実際、それは確かに悪くない選択肢だと思いますね。
ただしもちろんリスクがあるのも事実です。100%の確率で収益が発生する投資商品はありませんので、そこだけは注意が必要ですね。
逆にそのリスクを徹底的に考えていれば、Airbnbによる投資は確かに悪くない選択肢の1つだと考えます。最近の利息に対して不満を抱いているのであれば、その投資を検討してみるのも良いでしょう。

ウィークリーの物件との共通点が多いAirbnb

不動産の住宅には、様々なタイプがあります。賃貸物件などはその1つに該当するのですが、中には少々特殊なタイプもあるのですね。その1つがウィークリーマンションです。
ウィークリーの物件の場合は、短期居住のために利用されるケースがとても多いですね。出張のために活用されるケースもしばしば有りますし、いわゆる受験勉強のためにそこに短期居住している学生も珍しくありません。
ところで旅行者の方々は利用できる物件の1つに、Airbnbがあります。いわゆる一戸建て住宅を貸してくれるサービスなのですが、それは宿泊の目的のために利用する事ができるのですね。つまりホテルの代わりに利用する事が可能なのです。
ところでその物件は、前述のウィークリーマンションに似ている一面があります。似ている点はいくつかあるのですが、例えば家具類ですね。
ウィークリーの物件の場合は、たいてい家具などが完備されています。ですのでカバン1つで、その物件に入居できるケースがほとんどなのですね。
Airbnbもそれは同様です。そもそもホテルなどに宿泊をするとなると、最初から色々な備品が完備されているでしょう。あれと同じく、最初から色々な物品が揃っているので、とても利用しやすいのですね。
それとウィークリーは、ネット回線が備わっている事も大変多いです。一般的な賃貸物件の場合、インターネットの会社に連絡をして、引き込み作業などを行う必要があります。ところがウィークリーの物件の場合は、最初からそれがあるのですね。そしてAirbnbも、それが備わっているのです。
このようにAirbnbとウィークリーの物件は、共通要素が非常に多い訳ですね。Airbnbは、やや短期的な利用が可能なウィークリー物件と考えて差し支えないでしょう。
ただしAirbnbの場合は、前述のように一戸建てタイプになります。ウィークリーの場合はマンションタイプなので、いわゆる集合住宅に該当するをですね。建物の形式という意味では、両者には大きな違いはあります。

自然環境でリラックスできる旅行とは

より多く楽しみを増やそうと思う場合は、旅行の際にはAirbnbを利用するという考え方があります。これは最近話題になっている現地の宿泊施設を利用した楽しみ方なのですが、泊まることができる建物が多彩なので、選ぶのも楽しみの一つなのです。

郊外にペンションを構えて開放的な生活をするのは多くの人が楽しむ事です。そのようなペンションを旅行者向けに貸してくれるので、旅行先で自然を満喫することができるのです。

ホテルとは違いに、より自然に近い場所で就寝することができるので、リラックスできるのです。その代わり、モーニングコールなどをフロントにお願いすることができないので、食事に関する準備も自分でやる必要があります。

しかし、旅行しているのに、朝食の準備を自分でする事ができるのは一つの楽しみと考えるべきです。現地でしか調達できない食材を使って食事を作ってみるのも、旅行の楽しみの一つと考えるのです。

そして、地域の人たちが宿泊するような建物で泊まると、周りの人たちと交流することができるのです。そのあたりのメリットがあるので、ホテルを利用するよりも、Airbnbで楽しむ人が増えているのです。

旅行の際には多くの時間があるので、できるだけレジャー施設だけでなく町並みをチェックする事が大事です。その地域の人たちが毎日訪れるような、買い物の中心地をチェックして見ると、意外なものが売られていたりするので楽しめるのです。

写真に納めるだけでなく、実際に買って食べてみることが大事であり、これが食材等だった場合は、必要な食材を集めて自分で食事を作るという楽しみがあります。

なので、旅行をしてる最中なのに自宅でリラックスしている時間を満喫する事も同時に可能なので、旅行がより楽しくなります。このようなスローな感じの旅行の楽しみ方を体験するようになってくると、Airbnbの良さが一層高まってくるのです。

最近はAirbnbに登録される物件数が飛躍的に伸びているのですが、それもうなずける結果だと言えるのです。

旅行好きの友人がAirbnbを利用

 私の友人に旅行をするのが大好きな男性がいます。その男性は国内旅行よりも国外旅行をするのが好きで、特に中国や香港やタイなどへ半年に1回くらいのペースで旅行をしています。お土産をもらった回数は数知れないですし、ほとんど旅行をしない私とはだいぶ違うライフサイクルです。

 そんな友人がつい先日香港へ旅行したとき、Airbnbを利用したと言ってきました。その「Airbnb」という単語に聞き覚えがなかったので詳しく聞いてみたところ、香港に住む民間人に寝泊まりする場所を提供してもらったというのです。そんなサービスがあるということをそのときまでまったく知りませんでしたので「すごいフリーダムなサービスがあるんだなあ」と、友人の話を聞いていて思いました。私はどちらかと言えば人見知りが激しいですし、そもそも英会話をすることができませんからAirbnbを利用して他人の家に寝泊まりするのはかなりハードルが高いと臆してしまいました。

 その友人は学生時代に留学していたということもあり、英語はペラペラでまったく問題がありません。加えて私とは違い海外旅行を何回もこなしている実績がありますから、そうしたAirbnbのようなサービスも気軽に利用できたのだと思います。そう考えると、そのサービスはどちらかと言えば海外旅行上級者向けのサービスのように感じられました。

 その友人が言うにはホストの人がとても優しくて楽しく宿泊することができたと、Airbnbを利用したことがとても満足そうでした。私はそれを聞いてもなかなか「利用したい」とは思えなかったのですが、それは旅行に対して私がとても疎いからだと思います。

 友人はAirbnbのサービスを気に入ったようですので「またぜひ利用してみたい」と言っていましたし、海外旅行をするのが人にとってはおもしろいサービスなのかもしれないです。利用に対して積極的な人と消極的な人でハッキリと分かれてしまうのかもしれませんが、そういうサービスもあるのだと感心しました。