Airbnb(エアビーアンドビー)でおもてなし

全てがネットでつながり、どこでも同じ情報が手に入るようになった現代社会。旅行に「どこにもない何か」を求める人が増えて来ました。確かにガイドブックに載っているホテルなら、食事もサービスも均一で、イヤな思いをすることもないでしょう。でもそれは、何も印象に残らないということの裏返しでもあります。
こんなジレンマを打ち破るがごとく、2008年サンフランシスコにてAirbnb(エアビーアンドビー)が産声を上げました。世界中の宿を望む人と宿を提供したい人と結びつけるこのサービスは、たちまち旅行好きの人たちの心をつかみ、今、登録している宿泊施設は60万件とも言われております。
今、この記事を読んでいらっしゃる人の中にも、「もうすでにAirbnb(エアビーアンドビー)を利用したことがある。」とおっしゃる方もいることでしょう。それくらいこのサービスの社会への浸透は早かったです。
こうした情勢を受け、ただ泊まるだけではなく、もう一歩踏み込んだ使い方をするのはどうでしょうか?つまり今度は宿泊所を提供する側として、Airbnb(エアビーアンドビー)のサービスを利用してみませんか?
円安の影響を受け、年々日本への旅行者の数が増えています。東の果てのこの国は、周囲を海が隔て、他の国とは違う文化を育んできました。私たちが当たり前のように見過ごしていることも、遠く外国からいらした方たちからすると全てが珍しく感じるらしく、旅行者のフェイスブックの記録には、こちらが思いも寄らなかった視点での旅行の思い出が描かれています。
そして、こうした書き込みから共通して感じられるのは「体験したい」という熱気です。Airbnb(エアビーアンドビー)に宿泊所として登録すれば、こうした熱い思いに応えるお手伝いができます。
2020年の東京オリンピックの開催も迫り、今後ますます日本への旅行者の増加が見込まれます。日本での思い出づくりのお手伝いをし、さらにおこずかい稼ぎにもなるAirbnb(エアビーアンドビー)への登録は、社会的ににも優れた国際貢献の一助になります。また旅行者だけではなく、泊めたあなたにとっても大切な思い出になるでしょう。

SNSでもご購読できます。