ホストとしてお金をもらいながら外国のかたと触れ合う機会が増えるAirbnbは、英語力を磨くのにもぴったりです。使っていない部屋をどんどん有効に活用していきましょう。
Airbnbで宿泊場所を利用してもらうためには部屋の紹介も重要です。ホストとして自分の提供する部屋の魅力を英語で伝えましょう。部屋の広さや設備、部屋までの交通の便、部屋から近い観光地や主要な観光場所の案内など、アピールできるポイントはさまざまです。美味しい食事処を探しているのであればご案内しますよといったことなど、ホストとしていかに自分の部屋の泊まるとメリットがあるのかを宣伝しましょう。
それからハウスルールをきちんと決めるのもホストとして大切な仕事の一つです。ネイティブの外国語を学べるいい機会を持つことができますが、同時に考えも文化も違ったかたを受け入れることになります。そのことで思いもしないハプニングを招くことも多々あるでしょう。それを想定して、前もって宿泊に際してのルールを決める必要があります。守らなければならないことをきちんと守れる宿泊者のみを受け入れて、ゲストにも快適に過ごせる宿泊場所を提供しましょう。それがお互いのためになります。
Airbnbのホストになることで色々なかたと知り合いになることができます。せっかくのご縁ですので、ゲストとは忘れずに連絡先を交換するようにしましょう。そして泊まっていただいたことに対して感謝の気持ちを伝えることです。拙い英語でもかまいません。メールで交流をしたりSNSで繋がったり、一度きりのお付き合いではなくその後も関わりを持ち続けることで、世界中さまざまなところで知り合いを作っていくことができます。それはホストにとって何より楽しいことではないでしょうか。繋がりを保っていれば再びAirbnbを通じて部屋に泊まりに来てくれるかもしれませんし、紹介を通してゲストの友人が利用先に選んでくれるかもしれません。心遣いはとても大切です。
日本で暮らしていると、意識しなければなかなか外国のかたに接する機会がありません。Airbnbを利用して交流するきっかけを作るのも一つの手ではないでしょうか。