2015年 8月 の投稿一覧

最近Airbnbにとても興味があります。

私がAirbnbというサービスを知ったのはつい最近の事です。
空いている部屋を有効に使用するサービスはとても面白いと思いました。
私には空き部屋はないので利用するとしたら借りる立場になります。
日本だけではなく世界の190カ国以上で利用できるようですが、海外で利用するのは少し慎重になるかもしれません。
語学が堪能ではないのでトラブルになった時が心配です。しかし一定の語学力があれば利用する価値はあると思います。
海外の個人宅に泊まる機会は滅多にありません。海外のホテルに泊まるのも魅力がありますが、個人宅に泊まれば現地の人がどのような生活をしているのかが少し分かるような気がしますからね。
料金もホテルより安いので予算が少ない人にもお薦めかもしれません。
場所にもよるかもしれませんが食事は飲食店に行けば良いと思います。
もし飲食店がなければ自炊ですね。しかし飲食店がなけらばスーパーもない可能性が高いです。
このように困ることも少なくないので下調べは必要不可欠ですが今はネットで簡単に調べられるので大変ではありません。
私がAirbnbを利用するとすれば国内ですかね。私は環境が変わると寝つきが非常に悪くなります。友人宅など個人の家ならそれほどでもありませんがホテルや旅館だとほとんど眠れないこともあります。
Airbnbを利用することで少しでも改善するのなら利用する価値はあると思っています。
現状は登録数が少なく旅行先にAirbnbのサービスがないことがほとんどなのでこれから増えていくことを期待しています。
当然海外から日本に旅行に来ている方も利用していると思います。
そういった方々に少しでも日本文化を知ってもらえれば嬉しいことです。
2020年には東京オリンピックが開催し多くの外国人の方が訪れることが予想されます。
Airbnbの利用を考えている方もいるのではないでしょうか。オリンピック開催に向けて少しずつでも登録数が増えれば良いですね。
まだまだサービスは進化するので今後も目が離せません。

予算内で上手くやりくりするためには

観光地を訪れる時には、より楽しめるプランを組むことが重要になってくるのです。その為には、旅行でどれだけの費用が必要になるかを最初で計算します。その中で、どのような施設を訪れて楽しもうか考えるのです。

大きなイベントがあるのであれば、そのイベントの周辺に観光地を回ったりするのですが、その時に気になるのが交通手段です。レンタカーを準備するか、ツアーのバスを利用するのかについて最初で決めておく必要があるのです。

そして、それよりも大事になってくるのが宿泊施設です。最近流行のAirbnbを利用すると、より現地の人たちと同じような目線で旅行を楽しむ事ができるのです。

Airbnbは、現地の人たちが住むような状況借り受けることなのですが、旅行の期間中だけ短期的に借りることができるので、ホテルに宿泊するよりも安上がりなのです。旅行全体のコストを下げて、よりアトラクションなどのイベントを楽しむ費用を残すことが大事です。

楽しい時間を過ごしていると、つい予算オーバーで楽しんでることがありますが、そのような費用を多く残しておけば旅行がより楽しくなるのです。なので宿泊に関して安く済むことができるのであれば、積極的にAirbnbを利用するべきです。

Airbnbを使うとどのようなメリットがあるのかよく分からない場合は、サイトにアクセスして、いくつかの物件の詳細を確認してみることです。実際にその物件を利用したお客さんが、旅行の印象を記載していることがあります。

そのほとんどは、Airbnbを利用したことによって、旅行内容が更に充実しているという内容になるのです。ホテルでは味わう事ができない現地の人たちの交流や、リラックスできる宿泊施設があるので、そのあたりをプラス効果と考えているのだと思います。

ホテルに関しては、どこの国に行っても内容はほぼ似ていて、料理の内容が多少違う程度になるので、旅行の楽しみの一つとしてとらえるのはあまり向いていないと考えるのです。

話題のAirbnb、早速海外旅行で利用してみた

最近はいろいろなクラウドサービスが登場していますね。ストレージや動画共有サイトは当たり前で、仕事をクラウド上で依頼するサービスまで出てきています。そんな中で私が「この手があったか!」と驚いたのが、Airbnbという宿泊サービスです。
宿泊というと旅館やホテルが当たり前ですが、従来の宿泊施設の予約サイトはだいぶ前から存在しています。Airbnbが一味違うのは、なんと一般人の家に泊まれてしまうということです。とはいってももちろん、某旅番組のように「すみません、ちょっとお宅に泊めてもらえませんか?」といってただの民家に泊めてもらうわけではありません。宿泊施設としての機能を備えた住宅といった趣きで、日本でいうところの民宿のような感じでしょうか?
と、前置きが長くなりましたが、そんなAirbnbを海外旅行で早速利用してみましたので体験談を書いておきます。まずはサイトでアカウントを作ってログインし、泊まりたい地域を選んで建物の一覧を表示します。今回私が泊まろうとしたのは、マレーシアのクアラルンプールです。写真と説明文がついていますので、気に入った建物を選んでクレジットカード決済します。あとは現地に行って実際に宿泊するだけですね。
昼過ぎに現地の空港に着いて、有名な観光地をぶらぶらしてから、夕方にタクシーで予約した建物に向かいました。マレーシアは英語が通じやすいですから、言葉の面で不自由することはありません。運転手に住所を告げると、10分ほどで無事に到着しました。
私がやってきたのは、アパートとユースホテステルの中間に位置するような雰囲気の建物でした。家主の中年女性に「Airbnbで予約した者です」と言うと、部屋まで案内してもらい、鍵を受け取りました。「部屋ではWi-Fiが使えますし、近所にコンビニがありますよ」と説明されたあとで別れ、一人で部屋に残りました。わりときれいな部屋で、ほぼすべてがセルフサービスなことを除けば、ホテルと大して変わりません。
今回は個室に泊まったので特に出会いもなく宿泊を終えましたが、部屋の快適さはホテルと同じくらいで、料金はずっと安いとなれば、もう言うことないんじゃないでしょうか。Airbnb、皆さんにもおすすめです。

豪邸に宿泊して旅を満喫したい時に

話題になっているAirbnbを利用する事によって、様々な宿泊施設を利用することが可能になります。これは旅行先の現地の人たちが保有している物件を、旅行者に貸し付けるというサービスになります。

民宿やホテルなどの宿泊施設ではなく、普通の人が生活をするときに利用するアパートや、一戸建てなどの普通の住居になります。これらを、旅行者が旅行の期間中だけ借りるという事になるのです。

物件を貸す側からすると、月極で家賃をもらうよりも、割高の日割り料金を頂くことができるので、回転数がそれなりにあれば、通常の賃貸住宅として貸すよりも利益を高めることが可能になるのです。

一方、旅行者側からすると、ホテルなどに宿泊するよりもリーズナブルな価格で泊まることが可能なので、旅行をする期間中のコストを下げることが可能になります。

旅行の際には、宿泊費用以外にも使いたい費用がたくさんあるので、宿に泊まる費用を少しでも抑えることができるのはかなりのメリットだと言えます。

Airbnbで利用できるのは、質素なアパートなどだけでないく、様々な注目を集める個人住宅がいくつもあるのです。プールがあるような豪邸や、辺境の地に建てられているペンション、そして核シェルターに宿泊する事ができたり、宿が屋外に設置されているバスだったりするのです。

そのような奇抜な建物を宿泊施設として提供している場合もあります。見た目がおかしい建物で会っても、お風呂に入ることや、洗濯をしたり、食事を作ったりすることができるように基本的なことはすべて可能なのです。

旅行の期間中なので、旅行のネタとしてもおもしろい建物を借りたいというニーズは多いのです。自分が宿泊した写真をブログにアップするだけで反響を得ることができるからです。

なので、そのような考え方からいくと質素な建物をリーズナブルな価格で借りるという、Airbnb本来の楽しみ方と、本来なら宿泊できないような建物に泊まって楽しむこともできるのです。

ウィークリーの物件との共通点が多いAirbnb

不動産の住宅には、様々なタイプがあります。賃貸物件などはその1つに該当するのですが、中には少々特殊なタイプもあるのですね。その1つがウィークリーマンションです。
ウィークリーの物件の場合は、短期居住のために利用されるケースがとても多いですね。出張のために活用されるケースもしばしば有りますし、いわゆる受験勉強のためにそこに短期居住している学生も珍しくありません。
ところで旅行者の方々は利用できる物件の1つに、Airbnbがあります。いわゆる一戸建て住宅を貸してくれるサービスなのですが、それは宿泊の目的のために利用する事ができるのですね。つまりホテルの代わりに利用する事が可能なのです。
ところでその物件は、前述のウィークリーマンションに似ている一面があります。似ている点はいくつかあるのですが、例えば家具類ですね。
ウィークリーの物件の場合は、たいてい家具などが完備されています。ですのでカバン1つで、その物件に入居できるケースがほとんどなのですね。
Airbnbもそれは同様です。そもそもホテルなどに宿泊をするとなると、最初から色々な備品が完備されているでしょう。あれと同じく、最初から色々な物品が揃っているので、とても利用しやすいのですね。
それとウィークリーは、ネット回線が備わっている事も大変多いです。一般的な賃貸物件の場合、インターネットの会社に連絡をして、引き込み作業などを行う必要があります。ところがウィークリーの物件の場合は、最初からそれがあるのですね。そしてAirbnbも、それが備わっているのです。
このようにAirbnbとウィークリーの物件は、共通要素が非常に多い訳ですね。Airbnbは、やや短期的な利用が可能なウィークリー物件と考えて差し支えないでしょう。
ただしAirbnbの場合は、前述のように一戸建てタイプになります。ウィークリーの場合はマンションタイプなので、いわゆる集合住宅に該当するをですね。建物の形式という意味では、両者には大きな違いはあります。

ホテルと異なり3人以上で利用する事ができるAirbnb

私たちが何らかの施設を利用するとなると、広さが大きなポイントになります。広さは、快適さとも大きな関係があるからです。
そもそも利用する部屋が狭いと、不快感を覚えるケースも珍しくありません。広々としている部屋の方が、快適になっている事が多いのですね。ですので部屋が広めな物件の場合は、ちょっとレンタル料金も高めになっている事が多いのですが。
ところで広い施設を求めているのであれば、Airbnbという物件を活用するのも一法です。なぜならそのタイプの建物の場合は、比較的広めになっているからです。
Airbnbという物件は、いわゆる宿泊目的で利用されるケースが多いのですね。主に海外からの観光客が、その建物を利用している事が非常に多いですが、比較的広いのです。
例えばあるAirbnbの物件の場合は、家族連れの方でも利用する事ができます。3人以上でも、その物件を利用する事が可能なのですね。
ところでホテルも、宿泊施設の1つです。Airbnbでなく、ホテルを利用するという選択肢もあるでしょう。
しかし残念ながら一部のホテルは、あまり広くありません。なぜならホテルの場合、3人以上の宿泊が困難なケースもあるのですね。
そもそもホテルの部屋の表記は、たいていシンプルやダブルになっているでしょう。トリプルという表記などは、ほとんど見られません。つまり最大人数が、2名になっているケースが非常に多いのです。それではちょっと手狭な感覚になってしまうでしょう。
ところがAirbnbの場合、前述のように3人でも利用する事ができるのです。そもそもAirbnbは、いわゆる一戸建て物件に該当するのですね。そのためホテルの部屋よりも居住空間が広めになっているので、それだけ快適さを覚えるケースが多い訳です。
すなわち、それがAirbnbのメリットの1つです。やはり海外旅行などに行くのであれば、宿泊施設は快適な所を選びたいものですね。そのような物件がとても多いですし、Airbnbはホテルよりはメリットが大きいとも思います。

自然環境でリラックスできる旅行とは

より多く楽しみを増やそうと思う場合は、旅行の際にはAirbnbを利用するという考え方があります。これは最近話題になっている現地の宿泊施設を利用した楽しみ方なのですが、泊まることができる建物が多彩なので、選ぶのも楽しみの一つなのです。

郊外にペンションを構えて開放的な生活をするのは多くの人が楽しむ事です。そのようなペンションを旅行者向けに貸してくれるので、旅行先で自然を満喫することができるのです。

ホテルとは違いに、より自然に近い場所で就寝することができるので、リラックスできるのです。その代わり、モーニングコールなどをフロントにお願いすることができないので、食事に関する準備も自分でやる必要があります。

しかし、旅行しているのに、朝食の準備を自分でする事ができるのは一つの楽しみと考えるべきです。現地でしか調達できない食材を使って食事を作ってみるのも、旅行の楽しみの一つと考えるのです。

そして、地域の人たちが宿泊するような建物で泊まると、周りの人たちと交流することができるのです。そのあたりのメリットがあるので、ホテルを利用するよりも、Airbnbで楽しむ人が増えているのです。

旅行の際には多くの時間があるので、できるだけレジャー施設だけでなく町並みをチェックする事が大事です。その地域の人たちが毎日訪れるような、買い物の中心地をチェックして見ると、意外なものが売られていたりするので楽しめるのです。

写真に納めるだけでなく、実際に買って食べてみることが大事であり、これが食材等だった場合は、必要な食材を集めて自分で食事を作るという楽しみがあります。

なので、旅行をしてる最中なのに自宅でリラックスしている時間を満喫する事も同時に可能なので、旅行がより楽しくなります。このようなスローな感じの旅行の楽しみ方を体験するようになってくると、Airbnbの良さが一層高まってくるのです。

最近はAirbnbに登録される物件数が飛躍的に伸びているのですが、それもうなずける結果だと言えるのです。

不安はあったもののとても素晴らしかったAirbnbの物件

最近私の友達が、アメリカにあるAirbnbの物件を利用してきました。そしてそれを利用する事を検討している段階では、ちょっと不安も多かったようですね。しかしその不安点なども、結局は払拭されていたようです。
というのも私の友達は、その現地の治安に関して不安を覚えていたのです。世界的に有名な場所なのですが、そこは治安の悪さもまた有名なのですね。その影響で、何か問題点が発生してしまうのではないかと思い、少々不安な気持ちもあったようなのです。
ところが友達のその不安は、解消されたようです。なぜならその物件の場合、とても情報が豊富だからです。
Airbnbの物件を利用する時には、まずは予約を取ることになるのですね。それはWEB媒体を用いての予約になるのですが、情報が非常に豊富だったのです。
その物件に対しては、口コミも投稿されていました。日本人の方がその物件を利用している事も多かったのですが、特に治安に関する不安はなかったようですね。むしろ非常に安全な雰囲気が感じられる物件なので、とても利用しやすいという口コミが多かったそうです。それで友人としては、とても安心できた訳ですね。
またAirbnbの場合は、問い合わせにも応じてくれます。問い合わせの窓口が完備されているのですが、そこに連絡をすると様々な疑問点などに応えてくれる訳ですね。友達も実際にその問い合わせを利用してみた訳ですが、とても親切に回答してくれたようです。それでさらに不安点が解消されたので、結局友達はその物件を利用する事になりました。
そして、それで大正解だったようです。思った以上に中が綺麗な物件で、非常に洗練された雰囲気が感じられたのですね。さすがは有名な先進国の物件だと思い、少々感心したようです。
またその物件での他の方々との意思疎通も、非常に面白かったようです。いわゆるシェア物件を利用したのですが、他の方々と接触する事でとても大きな刺激を受けることができたようですね。とても良い物件で旅行を楽しむことができたので、友達は満足気でした。

長期の旅行のホテル暮らしに疲れる前に利用したいサービス

現地に長い間旅行することは楽しいのだけれど、ずっと普段とは違う場所で暮らすというのも大変なことです。
特にホテル暮らしは最初は気にならないことでも、だんだんと疲れてくるものです。
ホテルは掃除のために人を入れないといけないし、自分の好きなように部屋を使うことは難しいです。
なので現地に行っても自宅にいるみたいにのんびりできるようには、なれないのでしょうか。
そう思っていましたが最近は、Airbnbというサービスがあるのだと知ってとても驚きました。
Airbnbというのは、旅行した先などで家を借りることができるというサービスで、これなら現地でホテル暮らしの窮屈さを味わうことがなすくみます。
ホテル暮らしにはもちろんメリットもあるのでしょうが、やはり家という唯一無二のものには変えられないです。
ホテルだと自分がそこに一時的に滞在しているという意識を強く感じさせて、思い切り羽根を伸ばせないのです。
なので現地に家を借りるというサービスは、現地で滞在というより現地で住むというふうにしっかり足腰を落ち着けることができます。
昔はこういうときに現地で、知らない人に下宿させてもらったりもあるのかもしれませんが、今の時代そんなことはリスク高いのでできません。
なので、自分で家を借りようにも土地柄を知らないとそれは難しく結局ホテル暮らしになってしまうのです。
そのためAirbnbのようなものがあれば、そんな悩みは解消できてしまうというわけで、とてもうまくできたサービスなのだと関心を寄せています。
現地で住むという感覚になことで、長期の旅行では心身ともにリラックス効果があり、落ち着いた暮らしができるのではないでしょうか。
旅行することは楽しくても長期の旅行することで、だんだん体が疲れてくるのが欠点という人も多いです。
そのため現地で住む感覚になれるAirbnbなら、どんな長期の旅行でも楽しく過ごせます。旅をもっと好きに過ごすことを望めるので、旅行好きには特別嬉しいかもしれません。

積極的に自宅の空き部屋和室を活用していこう

自宅に空いている部屋があるならば、海外の旅行者との交流もできるAirbnbを積極的に有効活用したいところです。Airbnbは、空き室を海外旅行者に開放することで、収入にもつながるので、メリットが多いです。掃除、鍵の貸出や、備品のサービスも全て専門サービスが代行してくれるので、空いている部屋があればそれだけで登録できるのが、Airbnbです。

外国語ができなくても、代行業者が全てやってくれるので、語学力がなくても、構わないところも魅力です。海外の例では、ヨットや城にキャンピングカーをAirbnbで宿泊部屋として貸している人もいます。
日本ならば、日本らしい和室などがあります。日本では、近年は和室は客間ということで、お盆やお正月にしか利用しないことが増えてきました。

せっかく高級感のある和室があるならば、積極的に海外の旅行者に見せて、日本の伝統文化の良さを伝えつつ、収入にできたら良いですよね。外国人は、日本の畳が大好きです。日本らしさを感じられるからです。畳はい草の良い香りがするので、そういった文化も海外の人にとっては、かなりのツボになっています。

和室ならば、あえてベッドを用意せず、畳の上に布団を敷いて泊まってもらうような感じにしても良いです。日本らしさあふれる部屋に泊まることができるのは、外国人にとって魅力的だからです。海外には、畳の上に直接布団を敷いて寝るという文化がありません。

リネン類も専門業者が全て代行でそろえてくれるので、空いている和室があれば、積極的にAirbnbを利用して収入を得ながら、外国人のゲストを喜ばせられるので、Airbnbは本当に良いサービスです。日本の通の外国人は、あえて畳を部屋に取り入れる人もいます。それだけ日本文化に憧れている人もいるので、もしも、和室の空室があれば、Airbnbを利用したいところですよね。

Airbnbを利用して、部屋を宿泊部屋にしたい場合には、なにも必ずしも和室でなければならない、ということもありません。あくまで、上記は、Airbnbで宿泊部屋を登録する際の一例なので、空いている部屋は外国人旅行者に貸すことで、宿泊代にすることができますよ、というサービスですから、空き部屋さえあれば、誰でも登録できるようになっています。