ネイティブの言葉に触れ合えるAirbnbのホスト

ホストとしてお金をもらいながら外国のかたと触れ合う機会が増えるAirbnbは、英語力を磨くのにもぴったりです。使っていない部屋をどんどん有効に活用していきましょう。
Airbnbで宿泊場所を利用してもらうためには部屋の紹介も重要です。ホストとして自分の提供する部屋の魅力を英語で伝えましょう。部屋の広さや設備、部屋までの交通の便、部屋から近い観光地や主要な観光場所の案内など、アピールできるポイントはさまざまです。美味しい食事処を探しているのであればご案内しますよといったことなど、ホストとしていかに自分の部屋の泊まるとメリットがあるのかを宣伝しましょう。
それからハウスルールをきちんと決めるのもホストとして大切な仕事の一つです。ネイティブの外国語を学べるいい機会を持つことができますが、同時に考えも文化も違ったかたを受け入れることになります。そのことで思いもしないハプニングを招くことも多々あるでしょう。それを想定して、前もって宿泊に際してのルールを決める必要があります。守らなければならないことをきちんと守れる宿泊者のみを受け入れて、ゲストにも快適に過ごせる宿泊場所を提供しましょう。それがお互いのためになります。
Airbnbのホストになることで色々なかたと知り合いになることができます。せっかくのご縁ですので、ゲストとは忘れずに連絡先を交換するようにしましょう。そして泊まっていただいたことに対して感謝の気持ちを伝えることです。拙い英語でもかまいません。メールで交流をしたりSNSで繋がったり、一度きりのお付き合いではなくその後も関わりを持ち続けることで、世界中さまざまなところで知り合いを作っていくことができます。それはホストにとって何より楽しいことではないでしょうか。繋がりを保っていれば再びAirbnbを通じて部屋に泊まりに来てくれるかもしれませんし、紹介を通してゲストの友人が利用先に選んでくれるかもしれません。心遣いはとても大切です。
日本で暮らしていると、意識しなければなかなか外国のかたに接する機会がありません。Airbnbを利用して交流するきっかけを作るのも一つの手ではないでしょうか。

物件を貸し出して副業として収入を得る

部屋を借りたい人に対して、空いてる物件を自由に貸すことができるAirbnbというサービスが流行っていて、利用者もどんどん増えてきてる現状があります。

旅行の際に利用すると、リーズナブルな価格でありながら特徴的な物件に宿泊できるとあって、海外の人にとってはとても良い経験になるのです。現在は世界のどこの国に行ってもAirbnbの物件を見つけることができるようになっているため、より楽しめる物件を選ぶ人が多いのです。

ですが、こくないにおいては旅館業法との兼ね合いから、法整備ができていない状態であり、将来的には何らかの対策が必要ではないかと言われています。実際にホテルや旅館などを経営している人にとっては、お客さんをそのまま取られている状態になっているので、不満が募っている状況となっています。

しかし、物件を借りる側の人にとっては、通常のホテルよりもリーズナブルな価格で借りることができると言うのは非常にメリットがあり、旅行そのものの費用を大きく下げることが可能になります。

旅行する人が増えれば、その分だけ経済が好転する可能性が有るため、多くの場合好まれる状況になるはずです。

このようなAirbnbのサービスは、物件を貸す側にも大きなメリットがあるため、Airbnbにて利用する為の物件をわざわざ借りて、デザインの良い家具類などを設置してサイトに登録するオーナーが増えているのです。

副業で物件を貸し出しする人が増えてくると、そのノウハウも蓄積されてきており、片手間で収入を得るにはとても良い方法であると考えられるようになっているのです。

部屋を貸した後にはクリーニングをする必要があり、その手間がどれくらいかかるかがポイントです。クリーニング業者を入れるとなればそれなりのコストがかかってしまうので、宿泊費用とクリーニング費用の差額でどれだけ残るかがポイントになってきます。

大きく利益を出すためには、できるだけ宿泊する期間を増やす方がメリットがあるのですが、物件を所有しすぎると宿泊者の依頼が少ない赤字になる物件が増える可能性が有ります。

エアビーアンドビーを最近請け負い始めました

私は父親がもともと観光業に勤めていて、私自身は別業界のサラリーマンなのですが海外からのインバウンドがこれからとんでもない市場になることを非常に興味を持ってチェックしていました。また、日本が国を挙げて、オリンピックのピークに1300万人まで海外の観光客を増やすという思いも知っていたのでボランティアやちょっとしたビジネス、貢献をできたらいいなと考えていました。そんあときにインターネットで見つけたのがエアビーアンドビーの仕組みです。これは貸す側にもメリットがあるし、海外から渡航する方々にとっても非常にメリットがあることだとすぐに感じました。また、我が家は一軒家ながら、部屋が2階に一つ余っていて、もったいない状況だったのです。そこで考えたのが直接こうしたエアビーアンドビーを請け負うのはリスクが高いので仲介業者を通じて我が家を活用してもらおうというものです。インターネットで仲介業者を探し出し、すぐに登録しました。家内からは子供もいるので安全上、の問題で非常に反対されました。ちょっとしたお小遣い稼ぎと社会貢献といっても
やって見ないとなんとも言えない面もあったからです。そこで仲介業者にいろいろな条件をつけて請け負うことは可能かと確認したところ全く問題なく可能という回答がありました。まず、女の子がいるので男性はダメ、また近所迷惑になるとまずいので複数人での宿泊も条件から外しました。一人、二人であればそれほど騒ぐこともないと想定されるからです。さらには宿泊可能な曜日を限定しました。ここまで条件をつけても仲介業者からすると立地的に非常に魅力ということですぐに登録してくれました。実際のところ、ぽつぽつ宿泊客の予約も入り、数千円ですがお小遣い稼ぎにもなり、渡航者にも喜ばれ、コミュニケーションの機会も得ることができ、今のところは良いことづくめといったところです。法制上、こうした取り組みが今後問題になる可能性はありますが我が家は続けていきたいと考えています。

より旅行費用を安くするためには

近年は、旅行に行く際にレンタルアパートとしてAirbnbが流行っています。これは世界各国の一戸建てやアパートなどの物件が、旅行客に数日間単位で貸し出すサービスであり、旅行の期間だけその物件を利用することが可能になるのです。

このようなシステムは、日本ではそれほど普及していないのですが、海外においては安く旅行するときの基本的な考え方になってきています。Airbnbの物件の数も飛躍的に増えてきており、世界の200カ国程度で利用できるという非常に有効な方法となっているのです。

その価格の安さは非常に魅力となり、日本国内においても旅行先の安ホテルを探しても見つからないときには、Airbnbを利用するという方法が好まれるようになってきました。

その情報が広まるにつれて、物件を登録する業者も増えてきているのです。このサービスを利用するお客さんは、賃貸アパートが空いているので登録しているというオーナーもいるのですが、実際のところは専用で部屋を借りている人が多いのです。

サービスを提供するためには、ホテルのように利用できる家財道具が必要になります。テーブルや椅子から、テレビや冷蔵庫洗濯機まで通常の生活に必要な道具類をすべて揃えるのです。

デザインの良いタイプを集めて、旅行先で泊まってみたい部屋に仕上げるので、流行の家具などのリサーチも行ったりしてセンスが良くて目立つ部屋に仕上げる必要があるのです。

このAirbnbは、これまでに利用した人のレビューがネットに掲載されるようになるので、どの物件に決めようか悩んでる人たちの手助けとなります。

旅行の際には、買い物をする頻度が多くなったり、現地で遊ぶお金が多く必要になってくるので、宿泊費用だけはできるだけ切り詰めたいと考えるものです。

そのようなリーズナブルな旅行をするためには、Airbnbを利用する方法は非常に有効になるのです。本来なら現地の人しか住むことができないような住宅に数日間だけでも宿泊する事が可能になるので、楽しい旅行プランが考えられるのです。

airbnbの魅力とは

日本ではイマイチ浸透してないイメージのあるairbnbですが、海外からするととても人気のサービスだそうです。airbnbとは旅先などで現地の人の家を借りることができるサービスです。事前にairbnbのサイトから予約しておけば、旅先でもすんなり宿を見つけることができるし、多くの場合家電や家具などが全て揃っている状態です。宿泊費は場所や広さ、宿泊する人数によってことなりますが、一概に安いとは言えません。料金設定もオーナーによるので、格安で提供してくれる人もいれば、ホテル並みの料金設定の場合もあります。

しかしそれでも現地の空気を肌で感じ、ホテルとは違った楽しみ方ができると人気があります。そんなairbnbですが、実は日本でも登録している物件が多数あることを最近知りました。何と東京近辺だけでも2万件以上あるというのです。誰が登録しているのか不思議に思いますが、普段使わない別荘や建物を登録している人が多いです。またワンルームマンションのような部屋でも登録できるのが、登録件数を伸ばしている要因であり、手軽さです。airbnb始め方も簡単なため副業としても注目を集めています。外国人にとって東京はとても魅力がある観光地であり、人気があります。しかし東京は外国と比べても物価が高く、特に宿泊費はバカになりません。長期滞在となると宿泊費だけでかなりの金額になるので、事前にairbnbで格安物件を見つけて、東京滞在時に利用する、という人も増えています。

もちろん利用者は外国人だけでなく、国内からの観光客も多いです。子どもが小さくホテルでの宿泊が大変な人にとっては、家電家具つきの一軒家での宿泊の方がありがたいです。また宿泊後の清掃代なども全て料金設定に含まれているので、気兼ねなく利用することができます。しかし私個人の感覚からすると、自分の家や部屋を全く見ず知らずの人に貸し出す気がしれません。家は自分がリラックスして落ち着く空間なので、たとえ普段利用しないとしても、他人につかわれたくありません。そう思うのは私の間隔が古いからなのか、心が狭いのか、と思ったりします。

手作りや灯台にも泊まれる面白さが満載なAirbnb

Airbnbなら知的な文豪のねぐらにお泊りができます。様々な素敵な絵画が飾られている部屋や、芸術を感じさせるような部屋を楽しみながらお泊りができる宿です。他には、手作りの家にも泊まれる宿もあります。手作り感が優しく、普通の宿とは違う素朴さを感じさせる魅力ある宿です。手作りだからこそに肩がはらず、個性のある内装を楽しめる宿となっています。

Airbnbにはアメリカの歴史ある建物に泊まれたり、なかなか泊まれない灯台にお泊りすることができたりします。アメリカの感覚とセンスを楽しめるアメリカ史を学ぶ泊まりながら学べる素敵な宿です。灯台は夕日に染まる海を眺めたり、月夜に照らされては美しく光る海を高い位置から眺めることができます。まるで自分が灯台の見張り役になったような気分になり、海を独り占めしたかのような気分になれる楽しい宿です。波の音をより近くに感じることができ、リラックスできる素敵な宿に泊まれます。

Airbnbがお勧めする宿には、ジオテックドームがあります。内装がより個性的で、幾つにも繋がる三角や四角の枠が面白い個性的な宿です。ドームハウスのようでもあり、カプセルの中に入っているかのような感覚になっては、より落ち着いてお泊まりができるのが良い内装が特徴的です。もっと楽しいのが、見張塔やパオの宿です。数百年もの間、見張塔として使われてきたその塔にお泊りしては、自分もその感覚を味わえるのが楽しいところです。

パオはゲルにも似ていますが、よりカジュアルな感覚で泊まれます。素敵なミラノ風なデザインお部屋にもお泊りができます。イタリアン家具を使えて、イタリア人になったような気分で楽しめる宿です。ユニークな宿では、まるでお菓子の家のようなデザインの宿や犬の姿をした宿、大きな水槽には美しい珊瑚などを楽しめて、シャンデリアや大きなテーブルはとても変わったデザインや柄になているのがユニークな宿、洞窟のような中に大きなプールがある宿などからも選べるのが楽しいAirbnbです。

長期利用の時には料金が割安になるAirbnb

借り物件に興味を覚えている方々の状況は、色々です。中には、長期居住に関心を抱いている方も見られるのですね。そもそも人々が海外に行く目的の1つは、居住です。旅行目的で海外に行く方々も非常に多いですが、その他にも海外で長期居住をしたいと思う方も、たまに見られるのですね。もちろんその目的の場合は、ビザの取得などが必要になってくるのですが。

長期居住をするとなると、どこかの物件を借りる選択肢が浮上します。すなわち日本の賃貸住宅のようなものを、利用する選択肢もあるのですね。一旦は賃貸住宅に居住して、そこで敢えて長らく居住する方法もあるのです。そしてAirbnbは、しばしばその目的の為に活用されます。Airbnbはホテルのように1泊限りで利用されるケースも多々あるのですが、そうではなく長期居住の為に活用されるケースもあるのです。すなわち数ヶ月や1年などで、その物件を借りたいと思う方も見られるのですね。

ところで長期居住となると、月額割引のシステムは覚えておいた方が良いと思います。なぜならAirbnbは、長期居住をすると料金が安くなる事も多々あるのです。例えばある物件の場合は、1泊につき3,400円前後になります。もちろんその物件に30日ほど居住するのであれば、トータル料金は10万円以上になるでしょう。日本の賃貸住宅と比較しても、比較的高めですね。

ところがそれを月額コースで利用する場合は、その料金が8万円前後になります。すなわち、20,000円前後の割引が発生する訳ですね。ちなみにその物件の場合は、清掃料金などはあります。しかしそれでもせいぜい1,700円前後なので、正直それほど高くはないでしょう。むしろ日本のマンスリーマンションなどに比べれば、かなりリーズナブルだと思います。つまりAirbnbの物件は、長く住めば料金は低くなる訳ですね。ある意味それは、日本のマンスリー物件に似ていると個人的には思う次第です。一度でも国内のマンスリーを利用した方ならば、比較的居住しやすいと思います。

airbnbにホスト登録して東京オリンピックを盛り上げよう

一般の住宅の空き部屋や賃貸物件や投資用マンションなどを宿泊施設として運用できる、airbnbというサービスをご存じですか。
同じような一般住宅と観光客とを結ぶインターネットを使ったマッチングサイトは古くからありました。しかし、2008年にアメリカで創業されたairbnbが一人勝ちの状態です。
現在世界190か国以上で利用でき、日本からのホスト登録も爆発的に増えているairbnbですが、稼げるのを横目で見ながら躊躇しているかたも多いと思います。
airbnbは旅館業法でいうと、グレーだからです。
しかし、昭和23年に制定され、細かな修正はあるものの基本的に旧態依然とした旅館業法では、現在のインターネット環境を想定していないことは明らかです。確かに旅行時のトラブルを念頭に置くと、宿泊施設には厳しい規定が必要なのかもしれませんが、airbnbの場合、普通に人が暮らしている部屋を貸し借りするのが基本です。人が宿泊して危険な部屋を登録することは、よほどの場合を除いてあり得ないでしょう。
airbnbのサービスはインターネット環境で簡単に登録・予約・連絡・宿泊ができるため、旅行業界を大きく変化させるポテンシャルを秘めています。
まさにairbnbの日本公式サイトには「旅行業界を変えよう」とのスローガンが掲げられているのです。
リオのオリンピックでは宿泊施設不足をairbnb同様のサービスを国が行うことによって、解消しようとしています。日本を見てみると、オリンピックを控えた現在でも東京のホテル稼働状況は満室に近いのです。これでは東京オリンピックのためだけにホテルを建てるということも現在の経済状況では不可能でしょう。
この状況を救ってくれるのが絶好のタイミングで広がり始めたairbnbなのです。
円安もあり、海外からの観光客は増えています。民泊の需要も増えているそうです。
国も特区構想でairbnbのような業態を追認しようとしています。
今からなら、需要が増大します。
参入を迷っている方はお早めに参入しましょう。

利回りのパーセンテージが非常に高いAirbnb

Airbnbは、もちろん不動産物件になります。一戸建てを旅行者の方々などに貸し出す物件になるのですが、それはしばしば投資目的の為に活用されているのです。
(airbnb代行・エアビーアンドビー掃除代行お任せ下さい!《Airbnb Supporters》 はairbnb代行サービスサイトなのでもし部屋貸出しに興味があれば参考までに)
例えば現在、一戸建ての持ち家があるとしましょう。その住宅に自分が居住するのも一法なのですが、人によってはそれを投資の為に活用したいと思っている事があるのですね。
例えば誰かがAirbnbに宿泊してくれた場合、もちろんその物件の保有者に対して、お金が入ってくる事になります。目的はそのお金ですね。
現在では金融機関の利息なども、かなり低い水準になってしまっています。それではなかなか貯金額を増やすことができないので、上記のような投資に興味を持っている方々も少なくないのです。
ところで上記の一戸建て物件を用いる投資の場合、利回りの高さに特徴があります。当然ですが、利回りは高い方が良いですね。
不動産の物件を用いるとなると、平均的な利回りは4%位だと言われています。もちろん物件によっては、もう少し利回りが低くなっている事もあるのです。つまり物件次第ですね。
ところが上記のAirbnbの場合は、そのパーセンテージが非常に高くなる傾向があります。以前にその物件を用いて、資産運用をした方がいらっしゃるのですが、1年間のパーセンテージは80を超えていたのだそうです。アパート物件などを用いての投資に比べれば、遥かに数字が高めになっている事だけは確実でしょう。そのパーセンテージに魅力を感じて、投資を検討している方々も最近は増えてきています。実際、それは確かに悪くない選択肢だと思いますね。
ただしもちろんリスクがあるのも事実です。100%の確率で収益が発生する投資商品はありませんので、そこだけは注意が必要ですね。
逆にそのリスクを徹底的に考えていれば、Airbnbによる投資は確かに悪くない選択肢の1つだと考えます。最近の利息に対して不満を抱いているのであれば、その投資を検討してみるのも良いでしょう。

外国人を助けるAirbnb(エアビーアンドビー)

海外旅行で現地の人たちと親しくなるという経験ができると、その後もその人たちとメールなどで連絡を取り合ったりすることがあるかもしれません。そしていつかはその人たちを日本に招きたいと思うようになるものです。確かに海外との交流というのは実に刺激的であり楽しいものなのです。とはいえ、自分の生活や仕事が忙しいと海外に行く時間を取ることができなかったり、外国人と知り合うきっかけすらないと感じてしまうものです。そうであるならば、外国人を自分の家に呼ぶことができるかもしれません。自分の家に空いている部屋があるならば、あるいは空けることができるならば、その部屋を貸し出すのです。そしてそれを無理なく簡単にできてしまうのがAirbnb(エアビーアンドビー)というサイトであり、ここに登録して自分の部屋を載せることができれば、世界中のこのサイトを利用して日本への旅行を計画している人たちから連絡を受けるということになるのです。都合や日程、条件が合えばその外国人を受け入れるということになり、いよいよ迎え入れるということになるのです。

外国人が日本で観光したいところはたくさんあるかもしれませんが、東京であれば築地や秋葉原のアニメ文化、そして渋谷といったところかもしれませんが、そんなところを案内してあげることもできるかもしれません。昨日まで全く知らなかった外国人を次の日には自宅に宿泊してもらい、そして東京を案内するということができてしまうことになるのです。外国人であっても同じ価値観を持つ人はいますし、そうではない人もいます。そんな異なる考えを持つ人たちと友達になれるというのは楽しいことであり、自宅を提供できさえすればそんなことがいつでもできるようになるのです。日本のホテルは不足気味であり、しかも値段が高いのでAirbnb(エアビーアンドビー)のサービスで安く宿泊ができればそれは外国人にとってとても助かることなのです。英語があまり通じない日本は外国人旅行者は苦労することがありますが、そんな人たちを助け、有益な情報を提供できるのです。